大阪の格安の貸事務所探しは不動産会社との交渉もポイント

大阪で格安の貸事務所を探すなら賃料交渉は重要なポイント

大阪は日本有数の大都市だけに、さまざまな貸事務所が集まっています。
もっともネームバリューのある都市だけに、一様に賃料が高いのがネットともなっています。
そこで大阪で格安の貸事務所を探すのであれば、不動産会社のチラシや店頭に貼り出されている掲出物などの内容を鵜呑みにして格安物件を探しまわるよりも、いっそ希望する物件に的を絞って賃料の引き下げを求める交渉を不動産会社としてみるのもよい方法です。
貸事務所のオーナーの側としても、いつまでも空室にしておくよりも、多少の割引をしてでも入居が早めに決まったほうがメリットが大きい場合が多いはずです。

こうした相手の事情を逆手にとって粘り強く交渉をすれば、結果的に格安で貸事務所をゲットできたことになります。
基本的に価格の引き下げを最終決断できるのはオーナーですが、仲介にあたっている不動産会社でもある程度の幅であれば裁量で値下げをすることをオーナーから認められている場合かせあります。

賃料以外の手数料や保証金なども交渉の対象に

大阪の貸事務所を借りる場合、毎月の賃料以外にもさまざまなコストを負担しなければならないことは覚えておいてもよいでしょう。
たとえば一度きりであっても不動産会社に支払う仲介手数料がありますし、オーナーにも保証金を支払ったり礼金を支払ったりするのがふつうです。
毎月の賃料はそれほど値引きができなかったとしても、こちらの仲介手数料や保証金などは交渉次第である程度の値引きをしてもらえる可能性があります。
したがって大阪に格安で貸事務所を借りようとして賃料の引き下げを交渉したもののうまくいかないという場合には、家賃以外の諸費用についての交渉に切り替えてみるのもひとつの方法
です。

ただし入居希望者が多く競合が見込まれるような優良物件であれば、こうした交渉が逆効果になって、別の入居希望者との契約手続きが進んでしまうおそれもありますので、このあたりは相手の態度をうかがいながらの慎重さも忘れてはならないところです。

まとめ

大阪で格安の貸事務所を探しているのであれば、家賃などの正規の金額にこだわらず、むしろ不動産会社などに値引きを求める交渉をしてみて、結果として格安物件に仕立ててしまうことも考えておくとよいでしょう。
この場合にまずは毎月の家賃の引き下げがターゲットとなってきますが、それがうまくいかないのであれば仲介手数料や保証金などの諸費用のほうにターゲットを変更して、引き続き引き下げを求める交渉をしてもよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。