レンタルオフィスは大阪の貸事務所の中でも格安物件

大阪の貸事務所のなかでもユニークなレンタルオフィス

一般的に大阪の貸事務所といえば、居住用のマンションやアパートなどの賃貸借契約と同じく、おおむね2年程度の契約期間の縛りがあり、家具や什器はすべて賃借人が用意し、毎月の家賃や共益費、および入居時に保証金などの諸費用を支払うタイプのものが主流です。
しかし最近ではこうしたなじみのある形態に加えて、大阪市内にもレンタルオフィスと称する形態の物件が多数登場してきています。
これはたしかに貸事務所の形態のひとつではありますが、価格的にも格安でなおかつユニークな特性をもつものです。
レンタルオフィスは仕事の執務にとって必要不可欠なデスクやチェア、インターネット回線などの環境があらかじめ整った状態で貸し出されており、賃借人が改めて備品などを購入する必要がありません。
また一般的な貸事務所といえばスペースがかなり広めにとられているものの、レンタルオフィスではわずか1名からのスモールオフィスの需要にも対応でき、なおかつ契約期間の縛りも数週間や数か月単位など短くなっています。

格安な大阪の貸事務所を探すならレンタルオフィスも視野に入れる

もしも格安な大阪の貸事務所を探しているのであれば、従来の貸事務所にこだわらず、レンタルオフィスも視野に入れておくのがよいでしょう。
レンタルオフィスであれば保証金などの初期費用は従来よりも低く抑えられるのがふつうですし、毎月の家賃相当のレンタル料は光熱費込みとなっていることも多いため、ランニングコスト出費をみても同様に格安水準が維持されているといえます。
もちろんレンタルオフィスのほうがよいのか、それとも従来の貸事務所のほうがよいのかは、使用目的によって異なる部分があることも当然です。
すでに地域で一定の知名度やシェアのある企業であり、従業員を多く抱え、これからもずっと事務所を移転するつもりがないというのであれば、従来の貸事務所のほうが目的にはかなっているといえます。
逆にベンチャー企業やスタートアップ企業などで、これからどんどん業務を拡張することが見込まれており、事務所もそれにあわせて変える必要がある場合や、従業員数や営業規模が小さく、ともかく格安を求めたい場合などにはレンタルオフィスが適しています。

まとめ

大阪で格安の貸事務所を探すのであれば、近年数多く登場しつつあるレンタルオフィスも視野に入れるのがよいでしょう。
レンタルオフィスであれば最初から備品や通信環境などが整っていますので、新たな投資を必要とせず、しかも従業員数や賃貸期間などの自由度が高いのも魅力です。
もちろん従来の貸事務所のほうがよい場合とレンタルオフィスのほうが適する場合のどちらもあり得ますので、使用する目的にあわせて選ぶことがたいせつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。